2018年6月25日 月曜日

W杯 執念のドロー

こんにちは

決勝トーナメント進出へ向けて挑んだVSセネガル戦。

先制は許すが、焦らずに攻勢を保ち
長友がしっかりロングパスを受け、
乾がしっかりゴールをきめてくれました。

お互いの時間が交錯する緊迫とした状況にも
へこたれずにセネガル陣営を崩す動きでした。

その後、セネガルが追加点を決めたときは唖然としましたが
光を失わずに戦い抜き、
本田がゴールしたときは逆転すらある。と感じました。


実は予習がてら
セネガル対ポーランドは中継で観てて
セネガルの選手は個々の能力が長け(特にスピード)
守備陣形も抜け目ないようにうかがえていたので
難敵相手にここまで日本が善戦するイメージは
試合が始まるまで沸いていませんでした。

それが故に非常に楽しく観戦できましたし
サッカー日本代表の成長を強く感じました。

W杯優勝を目指して突き進んでください。

投稿者 株式会社 音羽ホーム