社長ブログ

2015年3月 6日 金曜日

みなさんこんにちは。

最近感じることですが、郊外の土地の反響が少ないと感じています。30才前後の買う人の人口が減ってきている感じです。若い方が結婚していないので不動産もあまり動く様子がないのが現実です。正規社員の減少もあります。先日もテレビで空き家が7棟に1棟と13%全国にある事態です。新築建売も某大手建設会社のグループが全国で36000棟供給していて一宮市もその建売が占めています。とにかく安いです。びっくりの価格です。頭金0で買っているそうです。既存の建売業者が3000万とするとその大手某建売は2000万円価格が1000万違います。郊外の土地が売れないわけです。土地を1000万で買ったとしても大手ハウスメーカで建てれば2500万円くらい建物代金かかり合計3500万円になるためなかなか土地のみでは苦戦します。

投稿者 株式会社 音羽ホーム